MENU
いっせいに行こうマップと営業案内

練り込み

目次

練り込み

異なる色の粘土を混ぜ合わせ、土練りの段階から模様の出具合を調整していきます。轆轤の回転を利用してマーブル模様にするこの技法は常滑焼伝統技法の1つです。当店ではさらにひと工夫を施し、木目の様な風合いが出るようにしています。ちなみに轆轤の回転は日本だけが唯一の右回転で制作する国で、練り込みの模様も右上がりになるのが特徴です。

目次
閉じる