MENU
いっせいに行こうマップと営業案内

古常滑

目次

平安末期から焼き物の産地として有名な常滑焼。もちろんですが、平安時代に常滑市は存在しません。代わりに中世の時代は知多半島一帯が焼き物の産地でありこれまでに3,000ヶ所以上の古窯跡が確認されています。特に常滑に壺などの技術や良品が集中していました。現代でいわれるところの「古常滑」は、当時の出土品や技法と、それを参考に現代の作家達が作った作品の総称として用いられます。

目次
閉じる